持久力強化にはスピード強化も! | ランニングビューティ☆食を楽しむ・美を楽しむ・人生を楽しむ

持久力強化にはスピード強化も!


京都マラソン2017

走る前はそこそこ自信がありました。

それは…

オクトーバーラン開始の10月1日以来… 京都マラソン2017の1週前である2月12日に最後のトレーニングとして、 本番ペ...

走行距離の面でも体重の面でも、

3時間4分41秒で完走した東京マラソン2008の時と遜色ない数字を達成していたから…

9年が経過しての老化を考慮しても、もう少し走れるイメージがありました…

昨夜、風雨が強くなる時もありましたが、今朝は… 綺麗に晴れ上がり、うしろの山も薄っすらと雪化粧で美しい☆ そして...


でも、よくよく考えると…

9年前と走行距離や体重が同じでも、

その中身に違いがある。

それは…

筋トレスピード練習の欠如…


テーパリングを実施することにより…

テーパリングとは… レースが近くなった際、 ランニング量を落として疲労を抜いて体調をピークに持っていく調整法のこと。 ちな...

身体が軽くなり、本番の気合いも相まって自然とペースが速くなりますが、

余力を持って楽に走っているつもりでも、

筋肉がスピードに耐えることができず悲鳴を上げた…

そんな感じかと思います。


今さらの言うまでもないことですが…

「1kmを全力で走って4分の人が5km20分を切ることは不可能」

表現を変えると…

「1km5分のペースで走るにしても、

1km4分の現状の能力を3分半で走り切れるスピード能力へと磨きをかければ、

より大きな余力を持ちながら1km5分のペースで走ることが可能」

要は、長い距離を走る練習だけでなく、

スピード強化を意識した練習もバランス良く取り入れることが、

持久力強化の近道にもなり得るということ。


ちなみに…

京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は、

54歳で迎えた京都マラソン2017において自己ベストの3時間27分45秒を達成。

少なくともこの記録は上回れるように次のレースを目指す所存です☆

これまでの経験からすると… *フルはヒーヒー息を切らすことはなく脚の疲労と戦う競技 *ハーフは息を切らしながらスピードで一気に押...



Thanks a lot for your share in advance ☆

I'm very happy for your follow ☆